ネットいじめで追い詰められ

2017年4月24日(月曜日) 朝日新聞

(小さないのち)大切な君:4 ネットいじめで追い詰められ



 15年ほど前からネット上でのいじめの相談に乗る全国webカウンセリング協議会(東京都港区)の安川雅史理事長(51)に2015年、ある母親から電話が入った。中学1年の娘が自殺を図り、救急車で運ばれたが意識がないという。
 後日、安川さんが母親から話を聞くと、関東の中高一貫の私立校に入って間もない娘から「スマホがないといじめられる」と頼まれて買い与え、クラスの女子20人全員がLINE(ライン)のグループでやり取りするようになったという。
 その後、女子生徒がメッセージを送っても無視される「既読スルー」が始まった。昼ご飯は1人。休み時間はトイレにこもるように。ある日、上履きのまま泣いて帰宅し、自殺を図った。経緯を語りながら、母親はおえつを漏らした。
 このクラスの別の女子生徒の母親から偶然、安川さんに相談が寄せられた。生徒は「いじめを傍観してしまった」と悔やみ、不登校気味になっていた。母親に話を聞いた。
 自殺を図った女子生徒以外の19人でLINEの「裏グループ」をつくり、女子生徒を隠し撮りした写真や「キモい」などのメッセージを送り合っていた。生徒の1人が「裏グループ」の画面を面白半分で本人に見せたその日に、自殺を図ったとみられている。
 母親の隣でじっとうつむく生徒に、安川さんは語りかけた。「もう繰り返さないと思い続けて。もし今後、同じようなことが起きたとき、あなたにしかできないことがあるんだよ」
 安川さんのもとには毎年約1万5千件の相談が来る。「『○○を殺す会』と名付けたサイトを作られた」「名前を検索すると、顔にバカと書かれた自分の画像が出てくる」など、心を深く傷つけるものが少なくない。
 子どもたちは、匿名で書かれた悪意のツイートを繰り返し見たり、誰が書いたのかと疑心暗鬼になったりして追い詰められるという。たとえ引っ越しても自分を傷つける言葉や画像がネット上から消えるわけではなく、逃げ場がないのがネットいじめの特徴だ。
 気が休まる時間がなく、子どもの表情がこわばるなどの異変も出るため、安川さんは家庭でSOSに気づいてほしいと訴える。
img_20170424-192444.jpg


■読む側の痛み、理解を
 内閣府の2016年度の調査によるとスマホを持つ割合は小学生で27%、中学生で52%、高校生で95%。スマホを1日3時間以上使う人は中学生で30%、高校生で47%に達する。
 新聞報道をもとにいじめ自殺を分析する伊東毅(たけし)・武蔵野美術大教授によると、悪口や仲間外れの段階での自殺の割合(06〜15年度)は全体の33%もいた。その前の10年間より20ポイント上がった。「暴力や恐喝に至る前での自殺が増えたのは、スマホに四六時中追い詰められているため」とみる。
 大谷良光・子どものネットリスク教育研究会代表は、とくにLINEでのトラブルに注意が必要だという。「既読」機能がいじめやけんかのきっかけになり、個人を中傷する画像などがタイムラインで拡散する恐れもあるためだ。大谷さんは、実際のやりとりを教材に、仲間外れにされる気持ちや誤解が生じる場面について話し合う授業の導入を求めている。
 LINE社は16年、学校向けの講演や授業を1500回以上開いた。悪気がないメッセージでも読む側が嫌だと感じる場合があることなどを教える。(山田佳奈)

http://www.asahi.com/articles/DA3S12906943.html

 

ネットいじめ・LINEいじめ・リベンジポルノニュース

ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013081702000132.html
リクナビ進学ジャーナル悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?
http://journal.shingakunet.com/column/6865/
<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130913.html
<子どもとネット>トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130830.html
ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130815.html
ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130817.html
下記から、東京で行われました人権シンポジウムの模様を見ることができます。安川は、LINEいじめについてお話させていただきました。
人権シンポシンポジウムin TOKYO
葬式ごっこ、裸の画像…中高生「LINEいじめ」の実態
http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html
LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci
広がる“リベンジポルノ”
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
わが子をストーカーからどう守る
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/16/01.html
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
http://mainichi.jp/select/news/20131219k0000m040120000c.html
インターネット依存問題に取り組む相談機関
誰も見ていないなら何をやってもいいのか?
流出画像 消えぬ傷 元交際相手の復讐投稿 絶えず
東京新聞‎
嫌がらせで、元の交際相手や配偶者のわいせつ画像をインターネットに流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が後を絶たない。投稿者が摘発されても、流出画像を消し去るのは至難の業だという。

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

2016年4月11日発売。 知っていますか? スマホの危険と対処法 教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載!...
発行年月日 2016年04月11日
定価 2,160円
(本体:2,000円)
 
編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
img_20160330-004937.gif
子どものスマホ・トラブル対応ガイド - web ...
shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...
 
子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! □「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――

img_20160411-002205.jpg
親子のホッとネット大作戦

内容

·        お子さんはネットにつながる機器を持っていますか? 
·        誰でもなりうるネット依存!!
·        川島先生のストップネット依存~ネットの使いすぎは脳の中から学んだものをなくしてしまう!?
·        川島先生のストップネット依存~やっぱり大事!早寝・早起き・朝ごはん
·        安川先生のネット事件簿~全部本当にあった話です!!
·        安川先生のネット事件簿~どの機器でも起こりうる事例です!
·        子どもを守るために1~ネットにつながる機器を買い与える前に
·        子どもを守るために2~命守るフィルタリング(ゲーム機・携帯音楽プレイヤー・おさがりスマホ・スマホ)
·        子どもを守るために3~我が家のルール作り
·        大人みんなで地域の子どもを見守ろう~各学校・PTA等の取組 
·        ネットとうまくつき合おう~親子のホッとネット大作戦

特徴

ネット問題の専門家である全国webカウンセリング協議会の安川雅史氏と東北大学教授の川島隆太氏の監修によりパンフレットを作成しました。ネット依存やネットいじめなどの事例によりインターネット利用の危険性を示すとともに次の3つの対策について周知啓発します。(1 ネットにつながる機器を買い与える前に確認すること2 ペアレンタルコントロールとフィルタリング3 家庭のルール作りと見守り)特に、ペアレンタルコントロールとフィルタリングの設定方法を具体的に示し、家庭で設定できるようにしました。また、家庭のルールを記入・掲示し、日々振り返りながら子どもを見守ることができるページをつけました。 
 
全国webカウンセリング協議会関連情報

QRコード
携帯用QRコード